009
Marushin
BERETTA M84

METAL FINISH
(前期モデル)

実銃:使用弾薬 .380ACP(9mmshort)(13発)作動方式 ストレートブローバック、1976年ベレッタ社が開発。
M81から続く「チーター」シリーズで、同クラスPPK/SやM1910などより一回り大きく、中型拳銃では初めてのダブルカラムマガジンを採用。

●マルシン・ベレッタM84は1981年に発売された、プラグファイヤーカートリッジのブローバックモデル。 
全長/172mm  重量/470g  
装弾数/13発(ダブルカラムマガジン) 
実銃にくらべ緩やかなラインに仕上がっている。
 

●左側面の刻印/PIETRO BERETTA GARDONE V.T. CAL.9 Short A14981Y

●右側面の刻印/P.B.-MOD.84-PATENTED MFG. MARUSHIN  
フレームのPBの文字、トリガーガード付け根にプルーフマーク。
後期モデルでは、プルーフマーク等の刻印が無くなってしまった 。
スライドの「PB-MOD84-PATENED」の刻印も省略された。



●当時としては珍しくリアサイトが別パーツだが、残念なことにスライドはメタルなのにリアサイトはABS地のまま。


●セフティは左利きでも使えるように左右にある。


●グリップは太いが柔らかなラインで構成され、女性でも握りやすい。


●ライフリングもきってある。

●銃の軽量とスライド後退時の衝撃を和らげ、ジャム防止のために大きくえぐられた特徴のあるスライド。